スイングを変えずに球筋を変える方法

今日はプロの研修会で

秋田椿台カントリークラブに行ってきました!



天気は良かったですが、

朝の気温は3度。

寒いですね(>_<)



2人のプロが腹ばいになり前後からビデオを撮る風景(^^)

自分のスイングを客観的に見ることが大事です♪

注)ビデオを撮るときはアドレス時の両手の高さから撮りましょう!

スポンサーリンク

■■ワンポイントレッスン■■

今日は、

「スイングを変えずに球筋を変える方法」

について書きます!

ラウンド中に調子が悪い時、

あなたならどのように調整しますか?

結論ですが、一番良くないのが

「スイングを変えること」

です!

ラウンド中にスイングを変えると、

殆どの場合ボールコントロールができません。

ですのでスイングを変えるのではなく、

アドレスを変えることをオススメします。

今日のポイントは

「グリップを持つ長さを変える」

です!

スイングを始めてしまうと動きを変えることは難しいですが、

構えた時のグリップを持つ長さなら誰でも変えることができます。

・スライスする時はグリップを短く持つ

・フックする時はグリップを長く持つ

これだけで結果はかなり違います。

一度グリップをシャフトにかかるくらい短く持ってみてください。

クラブが軽く感じるはずですし、球筋も変わるはずです。

ラウンド中で調子が悪い時は、

なるべくスイングは変えないで、

アドレスを変えて調整しましょう!

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook