ナイスショットを打つための良い考え方、悪い考え方

今日は、

秋田太平山カントリークラブを回ってきました!





最高気温は31度(^_^;)

まだ5月なのに、

秋田では珍しい気温ではないでしょうか?

今日はこれからクリニックの夜勤入り。

明日はゴルフレッスンの後、茨城に移動します(^^)

夜勤頑張ってきます!

スポンサーリンク

■■ワンポイントレッスン■■

今日は

ナイスショットを打つための良い考え方、悪い考え方

について書きます!

短いパー4。

ティーショット完璧!

二打目はグリーンまで残り70ヤード…

この時あなたは何を考えていますか?

「絶対にグリーンに乗せる!」

「ベタピンに寄せる!」

「ダフったらカッコ悪いな」

という考えの方はミスをします。

このような方は「結果」を考えすぎです。

「…になればいいな」と理想を考えすぎです。

ではなく、

自分のすべきこと

を考えます!

寄せたい、乗せたいなどではなく、

「50ヤードの振り幅で打つ」「顔を上げないように打つ」

など、自分のやるべきことに意識をフォーカスします。

フェアウェイど真ん中に打ちたい、ベタピンに寄せたい

など思うこと自体は凄く良いです。

大事なのは、そのように思った次の考え方です!

ベタピンに寄せたい!→じゃあどのように打つ?

が大事です。

ゴルフは考え方次第で上手く打てる時も多いです。

参考になれば幸いです(^^)