冬のゴルフ練習はどこに注意すればいいのか?



【冬のゴルフ練習はどこに注意すればいいのか?】

こんにちは!

秋田のインドアゴルフレッスンスタジオ「ゴルフディア」代表プロの愛甲です!

 

 

実際に私は冬の練習方法を間違えて怪我をした経験があります。

  

秋田の冬は想像以上に身体に堪えたみたいです(^_^;) 

皆さんには同じ過ちをして欲しくないので今回の内容を書きます(^^) 

 

 

 

私は東京生まれ千葉育ちで寒い気候には慣れていません。

秋田の冬は想像を絶するほどの極寒です。

秋田の真冬は、吹雪の中ゴルフ練習をすることもあります(>_<)

 

 

ゴルフディアはエアコン完備ですので、

秋田の真冬でも暖かい環境で練習はできますが注意は必要です!

 

寒い中ご来店いただいているので、

まずは練習前に準備運動が大事になりますね(^^)

 

 

 

今日は、冬のゴルフ練習の注意点についてお伝えします!

 

 

【目次】

①冬は怪我のリスクが増大する!

②原因

③真冬にやってはいけない練習法

④怪我しないための方法

⑤おわりに

 

 

①冬は怪我のリスクが増大する!

寒くなると筋肉が硬くなり、

怪我のリスクが高くなります!

 

筋肉が硬くなると柔軟性が低下するため、

急な動きをすると怪我の危険性が高くなります。

 

特に痛めやすい部位は、

肩や腰、肘などですね。

 

  

私は、2015年の真冬に練習をして左手の腱鞘炎になり、

その後約2年間も痛みを抱えたままゴルフをしていました(>_<)

 

一度痛めると中々治らない場合も多いので注意が必要です。

 

 

②原因冬に怪我が多い原因は、

筋肉や関節が硬くなっている

からです。

 

 

筋肉が硬くなった状態でいきなり運動すると、

肉離れを起こします。

 

関節も硬くなっているので、

捻挫や脱臼も起こすリスクが高まります。

 

 

さらに、

寒くなると血管が収縮し

血圧が高くなります。

 

血圧が高くなると、

脳卒中や心筋梗塞なども起こしやすいので

注意が必要です。 

 

 

冬場の寒い時期は、

身体に様々な負担がかかることを考慮して

ゴルフの練習をすることが大事です!

 

 

③真冬にやってはいけない練習法

真冬の寒い時期にやってはいけない練習法は…

・思いっきりゴルフクラブを振る

・力を入れてクラブを振る

・準備運動をしない

・防寒対策しない

です。

 

 

千葉でゴルフをしていた時は特に気にならなかったのですが、

雪国である秋田では絶対に気をつけたいポイントです。

  

 

④怪我しないための練習方法

ゴルフ練習をする前に必ず準備運度をすることが大事です!

 

そして、いきなりドライバーを打たず、

アプローチ練習などから体を温めていきます。

 

 

常に全力でクラブを振っていると

身体に負担が掛かり怪我の原因になってしまいます。

 

冬場はスイングフォーム作りに最適なシーズンですので、

1球1球フォームを意識して練習するといいです。

 

 

バットで素振りをするときやドライバーを打つときは

十分に身体が温まってから行うといいですね(^^)

 

 

⑤おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

 

私が秋田に来て実際に体験した例を挙げながら書きました。

 

千葉から茨城に引っ越しただけで、

冬の寒さは違いました。

 

しかし、

秋田の冬は雪国だけあって全く違います(>_<)

 

吹雪の中のゴルフ練習場に行っている方は分かるはずですが、

この寒さは経験しないと分かりません。

 

   

皆様も私のようにならないように、

しっかり準備運動をし、

練習テーマを間違わないようにしてください。

 

 

 

 

ゴルフディアは、秋田の真冬でも

暖かい環境でレッスンを受けることができます!

 

レッスンなしの練習のみでもご利用可能です。

 

暖かいコーヒーやお茶などもご用意しておりますので、

お気軽にお越しください\(^^)/