狭いコースでダブルボギーを叩かないためには

ラウンドレッスンで、秋田カントリー倶楽部に行ってきました!

秋田カントリー倶楽部は、秋田を代表するゴルフ場です。 距離は短いのですが全体的に狭く、 飛距離よりも正確性が要求されます。 ショットを曲げてしまうと、すぐに松林に入ってしまいます。 ボギー、ダブルボギーは覚悟しなくてはなりません。 日本海の横に位置するため、風が吹くと更に難しくなります。

このような狭いコースでは、 ショットの正確性を第一に考えなくてはいけません。 特にティーショットでフェアウェイに打つことが大切になります。

パー4では2打でグリーンオンすればいいので、 短いクラブでティーショットすることが効果的です。 2打目に得意な距離を残すことを考えて ティーショットするといいでしょう。

自分の調子によっても、ティーショットのクラブ選択は変わります。 例えば、ドライバーの調子がいい日だと、 ドライバーを選択することも良いと思います。 狭いホールのティーショットで一番大事なのは、 「自信を持ってフェアウェイに打てるクラブでショットする!」 ことですね。

アプローチとパターはもちろん重要です。 しかし、ティーショットをフェアウェイに打つことが、 ダブルボギーを叩かない第一歩ですね。

今日はこれから病院の夜勤入りです。 明日は、ティーチングプロ選手権予選会のため 千葉に移動します。 まずは夜勤頑張ります\(^^)/

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook