ナイスショットを打つにはリズムが大事!打ち急ぎを直す練習方法とは 1月27日更新情報!

こんにちは!

オンラインゴルフカレッジ ゴルフディアの愛甲です!



ゴルフでナイスショットを打つには

リズムが大事になります(^^)


再現性の高いスイングフォームを身に着けるのはもちろん大事ですが、

いくら良いフォームであってもリズムが違うと

ミスショットになってしまいます。


リズムさえ良ければ誰でもナイスショットを打てる

的な格言があったような気がするのですが(誰の言葉か忘れてしまいました)

それくらいスイングのリズムは大事ですね!



「今のスイングは早かった」

と言われたことがある方も多いと思います。


この「早かった」とは

「スイングのパーツが抜けてしまった」

ということですね。



ゴルフスイングは、

アドレス→テイクバック→バックスイング→トップオブスイング→ダウンスイング→インパクト→フォロースルー→フィニッシュ

という順番で構成されています。


スイングが早かった場合は、例えば、

アドレス→テイクバック→バックスイング→ダウンスイング→インパクト→フォロースルー→フィニッシュ

という感じになっています。



どこが違うか分かりますか?




そうです!

トップオブスイングがありません(^^)





このようにスイングのパーツが抜けてしまうことを

スイングが早いと言いますね。



普段の練習ではいいのですが、

ゴルフ場に行きプレッシャーがかかった場面などでは、

特にスイングが早くなってしまいます。


ですので、

普段の練習から実際のラウンドの状況を想定して練習

することが大事になりますね(^^)


普段の練習から実践的な練習をすることにより、