マン振りに耐えられる身体づくりと得意距離を残すための飛距離アップマネジメント【FM秋田「GOING FAIRWAY」61回目放送】

こんにちは!

オンラインゴルフカレッジ ゴルフディアの愛甲です!



FM秋田「GOING FAIRWAY」61回目放送です!


今回のゲストは先週に引き続き、

骨折してもゴルフに行く男!

ゴルフ系YouTuberである、たがの氏です!


→たがの氏ちゃんねるコラボ!飛距離アップ最終兵器!


→たがの氏自宅の練習場動画




たがの氏の応援、そしてチャンネル登録もよろしくお願いします!

 ↓ ↓ ↓

→たがの氏ちゃんねる


→twitter


→Instagram


→TikTok




①マン振りに耐えられる身体づくり

胸筋は鍛えすぎると身体が回らなくなると言いますが、

バランス良く全体の筋肉ボリュームを増やすことにより、

マン振りに耐えられる身体になりますね!


柔軟も大事です!



②ゴルフマネジメントから見た飛距離の重要性

2打目に自分の得意距離を残すことがスコアアップのコツですが、

あと10ヤード飛ぶと得意距離が残るということで、

さらなる飛距離アップを目指しているとのことでした!



③もっと飛ばすためにはどうすればいいのか

重いクラブで振る力をつけ、

軽いクラブで自分の限界以上のヘッドスピードを覚える!


これがどなたでも飛距離アップできる方法ですね♪



④ゴルフは逆算のスポーツ

ゴルフは考えるスポーツです!


たとえ今は初心者であっても、

今からプロや上級者の考えで回ることで結果は変わりますよ♪