ディボット跡からの打ち方のコツ

こんにちは! オンラインゴルフカレッジ ゴルフディアの愛甲です!



削り取られた芝生の塊のことを「ディボット」と言います。

そして、ショットを打った時にクラブヘッドで削られてできた地面の凹みのことを「ディボット跡」と言います。


削り取られた芝生がディボットなので、

削り取った跡がディボット跡ですね(^^♪



今日の会員専用レッスン動画では、

ディボット跡からの打ち方をお伝えしています!


コツは動画内でしっかりお伝えしていますが、

ディボット跡から打てない方は、

すくい打ちの方が多いですね。



すくい打ちですと、

ディボット跡からはダフリとトップボールしか出ません。


ディボット跡から上手に打つコツの一つは、

ダウンブローに打つことですね!



そしてダウンブローに打つコツは、

バックスイングをコンパクトにすることです!


バックスイングを振り上げれば振り上げるほど、

すくい打ちになりやすいですので、

ディボット跡から上手く打てない方は、

コンパクトスイングを心がけてくださいね♪